風呂敷でインテリア  |  ソファカバー  |  カーテン  |  ティッシュ箱  |  敷く  |  デザイン  
  テーブルクロス  |  タペストリー  |  スカーフ  |  柄の意味  |  一枚から  |  コスパが良い
エコバッグ利用  |  サイトマップ

風呂敷インテリアで毎日を彩る

オシャレにレジ袋代わりに活用する為の風呂敷の選び方

風呂敷のある生活

エコバッグに風呂敷を活用するケースがあり、オシャレな風呂敷を使う事で
素敵なバッグに変身させられます。

日本では、古くから風呂敷に荷物を包んで持ち運ぶという習慣がありました。
その為、様々な柄の物が販売されており、ユーザーの好みの物を探し出せます。

また、現代人の好みに合ったパターンも登場してきており、
エコバッグとしてのニーズの高まりと共に種類は増えています。

エコバッグとして必要とされる風呂敷

風呂敷の選び方は、ユーザーが好きな色や柄で選んでも構いませんが、
服と同じでトレンドとなるカラーやパターンがファッション情報誌などで
紹介されている事があります。

従来からある花柄の物の他に、ユニークな物では、物を包んだ時に
バスケットに見えるようなデザインになっている物も販売されていて、
現代人の洋服コーデに合わせ易い柄がラインナップされています。

ユーザーが普段着ている服に応じて選んでみるのも効果的です。
カジュアルなファッションに純和風の柄ですと、少し違和感を感じる事がありますが、
洋風の柄であれば、カジュアルファッションに合わせ易く、
コーデ全体のバランスが良くなります。

適切な物を選ぶ事で、オシャレなエコバッグとしての活用が捗るでしょう。

バッグ代わりに使うフロシキのおすすめの大きさ

バッグの代わりにフロシキを使う際には物を包んで運ぶ事になるので、
その大きさが便利に使えるようにするポイントになります。

フロシキを使って荷物を持ち運ぶ際にはいくつかの方法があります。

レジカゴにフロシキを広げて、その上に荷物を置いていき、
くるんだり最初から籠のような形を作って、そこに商品を入れていったりします。風呂敷で持ち運ぶ

フロシキのおすすめの大きさは、1辺90センチから100センチです。
このサイズであれば、大き過ぎたり、小さ過ぎたりといった事が無く、
丁度良い塩梅で使えます。

このサイズは折りたたんで籠のような形にするのに適しており、
一般的な鞄と遜色が無い大きさにする事が可能です。

野菜や加工食品だけでなく、瓶やペットボトルも工夫次第で包んで持ち運びが出来ます。

また、使わない時には結ばない事でただの布になりますので、
折りたたんでおいて鞄の中などに仕舞っておくといった事も行えます。

さらに、洗濯もし易いので、定期的に洗濯をすれば、衛生面でも優れています。
数種類を用意しておくと、毎日違う柄やカラーにする事ができ、
気分次第で自分の好みの物を使えます。

布の大きさに加えて素材にもこだわれば、より使い勝手の良い物を日常生活に取り入れられます。

 

Copyright(c) 生活を風呂敷で楽しむ All Rights Reserved.